HOME > 病名検索 > 子宮腺筋症 > 治療・効果・患者様の声
子宮腺筋症の治療・効果・患者様の声
症例

子宮腺筋症215名
取穴:百会、翳明、中極、中閼・A気海、関元、天枢、腎兪、次鬮氏A足三里、大敦、委中、極泉、三陰交、太沖。電気針。気海に間接灸。

宮原さん 32歳 茨城県在住

30歳頃から少しずつ生理痛を感じるようになり、1年後には、市販の鎮痛剤では効かない程の生理痛で部屋中をのたうち回り、泣いたり、うめいたりで夜も眠れず、会社へ行くこともできず、毎月欠勤を繰り返していました。

大学病院で、「子宮腺筋症」であることが判りました。ホルモン治療を受けた後も効果がありませんでした。友人の紹介で、康少洪院長の子宮腺筋症に対する研究熱心さや実直さにも安心し、この先生にお願いしたい、針灸治療を受けたいと思いました。

針灸治療を受けた後、子宮は正常の大きさになり、3ヶ月を経過した今では、生理痛はほとんどありません。私は、本当に針灸治療を受けて良かった。

鍼灸臨床経験

中国医学鍼灸院の鍼灸治療は鎮痛効果がよく、多くの子宮腺筋症患者を数回の鍼灸治療で、過多月経と強い月経痛が改善されました。薬のきかない激しい生理痛がなくなり、患者さんを感動させました。
鍼灸治療で、過多月経と強い月経痛が無くなった患者さんに、一定期間治療を終わった後も定期的な治療をした方がいいです。

効果

鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると90%は経過がよいと考えられます。多くは数回針灸治療でかなり生理痛が軽減されます。

鍼灸治療メカニズム

免疫機能を高めて、筋層内に浸潤した子宮内膜を吸収すると考えられます。

患者様の声
村井様 29歳 千葉在住

先生には言葉では言い尽くせないほどお世話になりました。子宮腺筋症で7年間、生理が来るたびに救急車で病院まで運んでもらい、痛み止め治療をしてもらいましたが、薬ではなかなか治りませんでした。

半信半疑で中国鍼灸院を尋ねまして、ただ16回の針とお灸の治療で、その月から生理痛は一度もありませんでした。2か月後MRIで検査したところ、子宮腺筋症が消えていました。掛かりつけの医者も「奇跡ですね」と喜んでくれました。

今は、先生に感謝の気持ちが満ち満ちて毎日元気に働いています。ほんどうにどうもありがとうございます。(以上御本人様の承諾をいただいて掲載いたしました。)