HOME > 病名検索 > 子宮腺筋症
子宮腺筋症

子宮腺筋症とは、本来は子宮の内側にしかないはずの子宮内膜組織が、なんらかの原因で子宮の筋層内にもぐりこみ、増殖する病気です。

月経では子宮内膜が血をともなってはがれ落ちますが、子宮筋層にもぐり込んでいる子宮内膜(子宮腺筋症病巣)からも月経時に出血がおこります、月経時に子宮筋層の中に出血するため、子宮の筋肉がひきのばされたような状態になります。このために非常に強い痛みがおこるのです。

また、出血したところが治っていく過程で、瘢痕という硬い組織ができます。そのため、子宮のサイズが次第に大きくなっていきます。子宮腺筋症では、年齢的に30歳代後半の女性に多くみられます。どうしておこるのか原因は不明です。

分娩、流産などにより子宮が急激に収縮するとき、内膜組織が筋層内にもぐりこんでしまうといった説もありますが、分娩、流産を経験していない人にも子宮腺筋症がみられることがあります。子宮腺筋症は激烈な月経痛を伴うことが多く、月経が終わっても痛みが持続し、ひどい人になると強い消炎鎮痛剤を使っても痛みを軽減できないこともあるくらいです。

子宮線筋症では、見かけ上は子宮が大きくなり、月経過多の患者さんも多く、また子宮筋腫と合併する事もあるので、子宮筋腫との鑑別は必ずしも簡単ではありません。詳細な問診、経腟超音波検査、腫瘍マーカーであるCA125が高い、月経困難症が子宮筋腫より強いなどを参考にして総合的に診断します。

当院の取り組み

当院の子宮腺筋症治療の目的は、回復程度を高めることと完治するまでの時間の短縮することです。多くの西洋医学治療で回復できない子宮腺筋症患者さんの期待に応えるため、当院が25年間、特に子宮腺筋症の治療に力を入れて、臨床経験を重ねた結果、独自な電気ハリを考案いたしました。そして良い成果を上げています。

特に早い段階での生理痛の緩和は子宮腺筋症患者の生活の質を向上させるのに役に立っています。手術に頼ることなく、針灸治療によって多くの子宮腺筋症患者の痛みがまったく出なくなりました。子宮腺筋症が難治なため、当院の治療もそれに応じて、多様に渡って行います。

当院は中医学的な弁証論治の基本を元に、特自な電気ハリで、最大限の効果を引き出しています。 鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると90%は経過がよいと考えられます。多くは数回針灸治療でかなり症状が軽減されます。

もう一つ注目すべきところは、完治した患者の多くは数年経っても、再発しませんでした。針灸は子宮腺筋症の再発の予防にも効果があることが分かりました。

治療実績

鍼灸治療によって、治癒した例、改善した例を合わせると90%は経過がよいと考えられます。多くは数回針灸治療でかなり症状が軽減されます。

子宮腺筋症患者の質問と当院の回答
■子宮腺筋症患者様のご相談

[ ご相談内容 ] :
子宮腺筋症で、大きさは3×3?です。 この場合、治療法は、鍼になりますか? どのくらい深く刺すのでしょうか?

■患者様の返信:
■当院の返事: